バルシューレについて

Ballschule(バルシューレ)はドイツで生まれたボール遊び教室。
運動が苦手、運動をこれからはじめる子のスポーツの入り口です。
子供たちが楽しくかかわりながらも、基礎運動能力・自発性・社会性を身につけられる教育研究を背景に持ったボール運動教室です。

児童期の発達的特徴に合わせた運動教育

幼児期~児童期は人生の中でも運動能力の発達において非常に重要な時期です。
また、脳重量においては成人の約90%に及ぶ重量はこの時期に形成されます。

実はこの時期には、特定の競技で子どもたちの運動バリエーションを制限してしまうのではなく、幅広いスポーツの種目を越えたプレイ重視の運動を経験させることの方が重要です。

バルシューレは120種類を越えるボールゲームを通して様々な体の動きを経験するプログラムであり、児童期の発達的特徴に合わせた運動教育になっています。

バルシューレ教室の特徴

  

教科を学ぶ前に読み書きを覚える=スポーツを始める前に体の動かし方を知る

教科を学ぶ前に読み書きを覚える=スポーツを始める前に体の動かし方を知る

●成長速度を強制しない、個々の成長に合わせた育成

①ボールを扱う力 ②自分の体の使い方 ③戦術理解
三段階のプログラムに分かれ、個々の成長に併せてステップアップします。

●体験学習の積み重ねの中から適性が見えてくる

子どもたちの自由な発想や工夫を大切にし、「好き」「得意」のきっかけを作ります。

●集団でのコミュニケーション能力を培う

子どもたちで考える時間を作ることで、コミュニケーション能力や
チームスポーツで必要とされる非言語コミュニケーションが身につきます。

教科を学ぶ前に読み書きを覚える=スポーツを始める前に体の動かし方を知る

●成長速度を強制しない、個々の成長に合わせた育成

①ボールを扱う力 ②自分の体の使い方 ③戦術理解
三段階のプログラムに分かれ、個々の成長に併せてステップアップします。

●体験学習の積み重ねの中から適性が見えてくる

子どもたちの自由な発想や工夫を大切にし、「好き」「得意」のきっかけを作ります。

●集団でのコミュニケーション能力を培う

子どもたちで考える時間を作ることで、コミュニケーション能力やチームスポーツで必要とされる非言語コミュニケーションが身につきます。

バルシューレで育む3つの能力

 __________

指導者は技術に関する指導は原則行いません。

子供たちの自由な発想を大事にし、

潜在的に備わっている能力を忍耐強く引き出します。

__________

   __________

指導者は他者と比較せず、ひとりひとりの考えや成長を認め、積極的に褒めます。

子供たち自身に小さな”できた”をたくさん経験させ、

自己肯定感を育みます。

__________

__________

教室では子供たち自身で考える時間や

チームで話し合う時間を積極的に与えます。

指導者は適切なタイミングで課題解決の

ヒントを与えサポートします。

__________

〈バルシューレ教室の実績〉

バルシューレは世界11か国に普及しています。

ドイツでは・・・ブンデスリーガ ボルシアドルトムント、ブレーメンなどの様々なスポーツチームの
指導現場や幼稚園、小学校などの教育現場でもプログラムが展開されています。

〈バルシューレ教室の実績〉バルシューレは世界11か国に普及しています。

ドイツでは・・・ブンデスリーガ ボルシアドルトムント、ブレーメンなどの様々なスポーツチームの指導現場や幼稚園、
小学校などの教育現場でもプログラムが展開されています。

バルシューレで育む3つの能力

指導者は技術に関する指導は原則行いません。子供たちの自由な発想を大事にし、潜在的に備わっている能力を忍耐強く引き出します。

指導者は他者と比較せず、ひとりひとりの考えや成長を認め、積極的に褒めます。子供たち自身に小さな”できた”をたくさん経験させ、自己肯定感を育みます。

教室では子供たち自身で考える時間やチームで話し合う時間を積極的に与えます。指導者は適切なタイミングで課題解決のヒントを与えサポートします。

Ballschule Heidelberg
http://ballschule.de/

バルシューレハイデルベルグとの連携

バルシューレは、ドイツ最古の大学であるハイデルベルグ大学(創立1386年)のロート教授によって開発されたプログラムです。私達は、開発元であるバルシューレハイデルベルグ及び日本の連携先であるバルシューレジャパンと共にバルシューレの継続的なプログラム開発及び品質向上のための研究活動に取り組んでいます。

お近くのバルシューレ教室のご案内