インタビュー 元バレーボール全日本代表選手 山本隆弘さん

中学2年生でバレーを始め、その後、バレーボールの名門鳥取商業高校へ進学。バレーボール全日本ジュニア代表や全日本ユース代表にも選出される。 その後、日本体育大学に進学し、全日本代表に選出され、2000年4月の日米対抗戦でエースとして日本デビューを果たす。 卒業後は松下電器産業株式会社に入社し、パナソニックパンサーズに所属する。 サウスポーから繰り出す強烈なスパイクを武器に、2003年のワールドカップでは、ベストスコアラーとMVPを獲得するなど日本のエースとして活躍する。

インタビュー 岡田優介さん【Bリーグ京都ハンナリーズ所属 バスケットボール選手】

中学入学後、バスケットボールを本格的に始め、ジュニアオールスターで個人3位の成績をおさめる。2007年、トヨタ自動車アルバルクに加入。日本代表選手としても活躍する。現役のトップアスリートでありながら、公認会計士の資格を保有。空いた時間を利用して、会計士としても働く。2016年より京都ハンナリーズに所属。

保護者の声

現代において幼稚園児の発達には様々な課題があります。小学校での体力テストの結果が昔に比べて著しく落ちているということは実態を物語っています。治安の問題、共働き家族の増加、スマートフォン・タブレットなどのデバイス普及は社会背景にあり、外遊び・ボール遊び・子供同士の遊びは減っていきます。その結果、遊びの量(特に外遊び)が不十分で、遊びの質も落ちています。ボール遊びを指導している先生の経験も以前に比べたら浅くなり、バルシューレのボール遊びメソッドはとても時代にマッチしています。

インタビュー【学校法人九重学園伊藤徳久先生】

現代において幼稚園児の発達には様々な課題があります。小学校での体力テストの結果が昔に比べて著しく落ちているということは実態を物語っています。治安の問題、共働き家族の増加、スマートフォン・タブレットなどのデバイス普及は社会背景にあり、外遊び・ボール遊び・子供同士の遊びは減っていきます。その結果、遊びの量(特に外遊び)が不十分で、遊びの質も落ちています。ボール遊びを指導している先生の経験も以前に比べたら浅くなり、バルシューレのボール遊びメソッドはとても時代にマッチしています。